浴衣の洗濯、たたみ方は意外と簡単!自分でできる洗い方・干し方を解説

花火大会と言えば浴衣ですよね!張り切って買ったお気に入りの浴衣、着終わってそのままにしていませんか?
実は浴衣は自分で簡単に洗濯できるんです!わざわざクリーニングに持って行かなくてもお気に入りの浴衣をキレイに保つ基本の洗い方・干し方・たたみ方・しまい方を解説します。

浴衣は自宅で洗濯できる

「浴衣は自分で洗えるの?」
「着るのはいいけど毎回クリーニングに出したりお手入れが大変」と思っていませんか?
浴衣は自分で洗えるんです!

汗をかいたり、汚れやシミがついてしまった時はキレイにお手入れしてあげましょう。
「浴衣を洗うのは大変じゃないの?」と心配ているアナタ!
意外と簡単に洗えるので安心してください♡

浴衣を洗う頻度は?

浴衣を洗う頻度ですが、汗もほとんどかいてなく、汚れがない場合は洗わずに和装用のハンガーや物干し竿などにかけ、風通しが良く、日陰の場所に干しておけば臭いが取れます。

花火大会など人混みではもみくちゃにされたり、泥や汗、食べこぼしなどで気づかないうちに汚れがついてしまうこともありますので、できれば毎回洗った方が清潔です。

洗濯表示を確認して正しいケアを

早速浴衣を洗う前に必ず浴衣についている洗濯表示を確認し、それぞれに合った方法で洗うようにしましょう。
中には水洗い不可のものもあるので注意です!

洗い方の洗濯マーク

洗い方の洗濯マーク一覧

干し方の洗濯マーク

干し方の洗濯マーク

家庭で洗えないもの

家庭で洗えない洗濯マーク

ドライクリーニング、ウェットクリーニングのマークが付いているものは、家庭の洗濯機などでは洗えないので無理をせずクリーニングにお願いするようにします。
無理に自分で洗うと生地を傷めてしまったり、浴衣をダメにしてしまうこともあるので事前に洗濯表示は確認してください。

家で出来る浴衣の洗い方

洗濯表示を確認し洗えることが分かったら洗う準備をしていきます。
ここでは洗濯機で洗う場合と手洗いする場合それぞれの洗い方のポイントを説明します!ご自身のやりやすい方法を選んでください。

洗う前の準備

大切な浴衣をキレイに洗うには洗う前の準備が肝心です!
このポイントを抑えればセルフクリーニングでも浴衣をキレイにキープ!

濃い色の浴衣は色落ちしないかチェック

紺や黒などの濃い色や柄物の浴衣は洗濯する前に色落ちしないかのチェックをしておくと安心です。万が一のことがあるので、生地の裏面で表に出ず目立たない部分でチェックするようにします。

色落ちのチェック方法はコチラ

  1. 洗濯に使用する洗剤を少量白い布にとり、浴衣の目立たない部分にこする
  2. 布に色がつくようなら色落ちする可能性があるのでクリーニングへ
    ※柄の中が白や淡い色の場合、柄の中に色が移ってしまうことがあるので自分で洗わないように注意。

汚れを確認しシミ抜きをする

食べ物や飲み物をこぼしてしまった、はたまた口紅やファンデーションなどのメイク汚れなどなど、目立つ汚れがある場合は洗う前にシミ抜きをすることでキレイに落とすことができます。
汚れによって落としやすいアイテムが異なるのと、どのアイテムを使う場合もまず色落ちしないかチェックしてから使用してくださいね!

食べこぼしや飲み物の汚れ

食べ物や飲み物の汚れは食器を洗う中性洗剤が効果抜群です。シミの部分に洗剤をつけて歯ブラシなどで優しく擦ります。強くすると生地を傷めてしまうので注意!

ファンデーションや口紅などのメイク汚れ

メイク汚れは油性の汚れなのでクレンジングオイルを使います。汚れ部分にクレンジングオイルをつけて歯ブラシなどで優しく擦ります。

泥・土の汚れ

湿っていると汚れを広げてしまうのでドライヤーなどで乾燥させてから歯ブラシなどで汚れを軽く落とします。その後石鹸をつけて歯ブラシで優しく擦ります。

シワを防ぐためにたたむ

浴衣を洗う時は洗濯機の場合も手洗いの場合も共通で、シワになったり生地が傷んでしまうのを出来るだけ防ぐために畳んで洗うことをおすすめします。

たたみ方は袖(そで)だたみが簡単です。

  1. 浴衣を背中の縫い線にそって半分にし、袖を合わせて身頃側に折り返す
  2. 裾を先ほど折った袖の上に重ねるように半分に折る
  3. さらにもう半分に折りたたむ

洗濯機で洗う時のポイント

浴衣を洗濯機で洗う場合は畳んだ浴衣をぴったりサイズの洗濯ネットに入れて洗います。

洗濯ネットを使うことで、引っ掛かりなどによる生地の痛み、シワを防ぎ仕上がりをキレイに保ちやすくなります。

浴衣はとてもデリケートなので洗剤はオシャレ着洗い用を使い、ドライコースで脱水は短め(1分程度)に設定しましょう。

浴衣の洗濯に粉末洗剤はNG!?

液体洗剤よりも洗浄力の強い粉末洗剤は浴衣の色落ちに繋がる可能性があるので避けましょう!

ドライコースは通常の洗濯コースよりもドラムの回転が弱く粉末洗剤が溶けずに残ってしますことも。

手洗いのポイント

浴衣を手洗いするときもゴシゴシがNGです!

  1. 洗濯表示に記載のある水温に注意し、洗面器に水(ぬるま湯)をはる
  2. オシャレ着用の洗剤を溶かし、たたんだ浴衣を入れる
  3. 優しく押し洗いをする
  4. ある程度洗えたら洗面器の水を変えて押し洗いの時と同じようにすすぐ
  5. 水が洗剤で汚れなくなるくらいまですすいだら、ぴったりサイズの洗濯ネットに入れる
  6. 洗濯機で約1分間脱水する

浴衣の正しい干し方

浴衣は洗って脱水が終わったらなるべく早く干しましょう!
折りたたんだ後がついたり、濡れたままで色移りしてしまうのを防ぐためです。

自宅で浴衣を干す時のポイントをご説明します。

直射日光は避け陰干しする

浴衣を外で干す時は、直射日光に当ててしまうと色褪せでしまうので、日光に当たらない風通しの良いところで陰干しします。

物干し竿がある場合は両袖を物干し竿に通して干すとシワが伸びてキレイに乾かせます。

竿が取り外せなかったり、無い場合はつっぱり棒を使う方法と、ハンガーを使う方法があります。

つっぱり棒で浴衣を干す

S字フックとつっぱり棒を用意します。

写真のようにS字フックをかけ、つっぱり棒に浴衣の両袖を通してS字フックに引っ掛けて干すこともできます。

ただ風の強い日はつっぱり棒がS字フックから外れてしまう可能性があるので注意してください!

ハンガーにつっぱり棒をくっつけて着物用ハンガーを即席で作ることもできます。

干す場所に合わせてカスタマイズしてみてください!

浴衣用ハンガーが無い場合は普通のハンガー3本で代用可能

つっぱり棒が無い場合はハンガーを3つ使えば浴衣を干すことができます!

その場合は、洗う時同様に背中の縫い線で半分に折り、浴衣の中央と袖と裾付近の3箇所をハンガーに引っ掛けるとバランスよく干すことができます。

この時襟は真ん中に折るように整えてくださいね!

浴衣のたたみ方とコツ

浴衣をさっぱり洗って干せたら、来年もまたキレイに着られるようにたたんでしまいましょう!

浴衣は丈も袖も長いのでなんとなく面倒なイメージがありますが、たたみ方は意外とシンプルです!

浴衣のたたみ方

  1. 浴衣の衿が左にくるように平らな場所に置き、①右側の前身頃を脇の縫い目でおり、写真の②のおくみの部分を折り返す
  2. 左側の前身頃を右側の身頃の上に重ねる(この時、衿は内側に折り込む)
  3. 背縫い線で折り、左側の袖を右袖の上に重ねる
  4. 左袖を身頃側に折る
  5. 左袖の上に重ねるように丈を二つ折りにする
  6. 浴衣を裏返し、右袖も身頃側に折る
  7. 収納する場所に入らない場合は、裾側を右袖に重ねるように折って調整する

浴衣の収納環境に注意

せっかくキレイに洗って畳んでも、収納場所が湿気が多かったり、虫がいたら台無しです。

カビや虫食いの原因にもなるので、浴衣をしまう時は収納袋に入れて、防虫剤や湿気取りを入れておくようにしましょう!

収納袋は100円ショップで手に入ります!着物専用の収納袋が売っている100均もあれば、専用が無い場合はダウンジャケット用や洋服用で代用できます。

不織布の収納袋は通気性抜群で浴衣の収納にも適しています。

防虫剤は浴衣に直接触れないように注意してくださいね!

帯のお手入れ方法

浴衣を着るときに必ず必要なのが『帯』です。

みなさん帯のお手入れってちゃんとできていますか?

帯は肌に直接触れることはありませんが、食べ物や汗などで汚れてしまうことがあります。

浴衣と一緒に帯も着たあとはお手入れしてキレイに保ちたいものです。

 帯は洗えないの!?

帯のお手入れってどうしたら良いのでしょう?

一般的に絹(シルク)でできた帯は自宅で洗濯することはできません!

水洗いすると収縮したり型崩れで使えなくなってしまうので、お気に入りの帯は絶対に洗わないようにしましょう!!

ではどうやって汚れを落としたら良いのでしょう・・・?

洗えない帯のお手入れ

  1. 着終わったら、通気性の良い 所でハンガーにかけて陰干しし、湿気を飛ばす
    ※浴衣同様直射日光に当てると色褪せするので注意!
  2. 汗をかいた部分、食べ物をこぼしてしまった部分があれば、干す前に水で濡らして固く絞ったタオルで汗や汚れの部分をたたき、シミ抜きした後に干す
  3. 和装用ブラシでホコリやチリを払う(和装用ブラシが無い場合は乾いたタオルで軽く叩く)
  4. たとう紙もしくは衣装用の収納袋に畳んでしまう
  5. アイロンをする際は直接当てるとテカリの原因になるので、あて布をして行う

洗濯できる帯のお手入れ

洗濯できないものが多い帯ですが、最近ではウォッシャブル帯も登場しています!

帯に洗濯表示がついているものは表示に注意しながら洗うことができます。

  1. 汚れや汗染みが目立つ部分にはオシャレ着洗剤をつけておく
  2. たたんで洗濯ネットに入れ、ドライコースか手洗いコースで洗う
    ※洗剤は粉末ではなく、オシャレ着用を使うようにしましょう
  3. 二つ折りでハンガーにかけ、陰干しする

正しいお手入れで浴衣長持ち

毎年花火大会やお祭りと出番はあまり多くない浴衣だからこそ、着るときはキレイな状態で着こなしたいですよね。

良いものは結構なお値段もするので、お気に入りの浴衣は出番が終わったら丁寧に洗って来年も気持ちよく着られるようにしましょう!

わざわざクリーニングに持っていかなくても自宅で洗うことができるので、正しいお手入れ方法で浴衣が長持ちしますよ!