短期間で効果を実感!?脚やせしたい人におすすめの方法

脚が太くなる原因を解消しよう

『どうして私の脚はこんなに太いの?』
『脚の太さはもともとの体質だから仕方がない・・・』

そう思っていませんか?
脚の太さにはもちろん体質も多少関係がありますが、それよりもっと重要なのが日々の生活習慣が関係しているということ。

普段の生活で次のうち2つ以上に当てはまる人は脚が太りやすいカラダになっているかも!?要注意です!

  • 冷え性で足先や手先が冷たい
  • むくみやすい
  • 骨盤の歪み
  • 代謝が悪い
  • セルライトがある

冷えやむくみは脚やせの天敵

女性に多い冷え性やむくみは脚やせの天敵です!

冷えやむくみを放置することでセルライトがつきやすくなったり、皮膚が乾燥したりと美脚から遠ざかり残念ボディに。

冷えやむくみは筋力不足による代謝の悪化や血の巡りが悪いことが原因です。
運動やエクササイズで筋肉を適度につけることで代謝が上がり燃焼力もアップ。
マッサージで血流をよくすることも効果的です。

体が歪むと余分な脂肪がつきやすくなる

スタイルキープの秘訣はなんといっても良い姿勢を保つことです。

なぜなら体が歪むことで、余分な脂肪がつきやすくなってしまうからです。
そうした脂肪は落ちにくく、おばさん体型の原因に!

特に骨盤の歪みは下半身太りの原因となります。
上半身はそんなに太っていないのに、脚が太い人は骨盤の歪みが原因かもしれません。

脚が太くなる原因は特定の何か一つというよりも、冷えや歪みなどいくつかの原因が合わさっていることが多いです。

つまり効果的に脚やせする近道は、複数の原因を解消して脚が太くなりにくい体質へと改善していくことなんです。

短期間で脚やせに成功するには?

長い期間ダイエットするのは辛いですし、なによりモチベーションを保つのも難しいですよね。
私もこれまで何度も経験してきましたが、長続きしませんでした!笑

「できれば短期間で痩せたい!」
ほとんどの人がそう思うはずです。

短期間で脚やせに成功するカギは、「運動」「マッサージ」「食事」の3つのアプローチで体を痩せ体質に改善するコトです!

それぞれ見ていきましょう♪

お金をかけずに自宅でできる脚やせ方法をご紹介

ジムに通いたいけれど、毎月のジム代って結構高いですよね。
ジム意外にも洋服やマツエク、サロン代など女子はお金がかかります。

なので、ジムにお金をかけなくても自宅でできる脚やせ方法をご紹介します!
節約もできて、美脚がゲットできるなんて一石二鳥!!

運動編

まずは自宅でできる脚やせトレーニングをご紹介します。

太もも・ふくらはぎ・足首とパーツごとにおすすめのトレーニング方法があります。

あなたが気になっているパーツを重点的に鍛えると理想の脚への近道に!
脚全体が気になる場合は満遍なくトレーニングしましょう!

太もも痩せには脚パカトレーニング

脚パカトレーニングは自宅で床の上やベッドの上でごろっと寝転がってできる運動なので、簡単で体力に自身がなくてもできる運動です!

太ももの引き締めはもちろん、股関節の柔軟性アップや歪んだ骨盤の矯正にも効果が期待できます。

それによって血行促進や老廃物の排出機能が高くなるので冷えやむくみの改善にも!

  1. 仰向けになり、ひざを立てます
  2. 両脚を軽く揃えたまま床と垂直になるように天井に向けて上げます
  3. 上げた脚をゆっくりと息を吐きながら痛気持ちいいところまで開きます
  4. ゆっくりと脚を閉じ、2の状態に戻します(床と垂直はずっとキープ!)
  5. 開いて閉じると1回として、30回繰り返します

外でもできるふくらはぎ+骨盤調整トレーニング

せっかくなので外にいる時間も有効活用しちゃいましょう! デスクワークや通勤電車の中、ランチ中など座っている時に簡単に脚やせできるトレーニング方法をご紹介します。

ふくらはぎは第二の心臓と言われる通り、血液を全身に流すポンプのような役割をしています。

ふくらはぎに適度に筋肉がつくと血液の巡りが良くなり、むくみ防止に!
夕方になると靴がキツくなる人はスキマ時間を利用してふくらはぎを鍛えましょう♪

  1. 椅子に浅く腰をかけ、背筋を伸ばします(骨盤が立ち正しい位置に調整されます)
  2. 両脚床に着いている状態から、左足のかかとをゆっくりと上げ、ゆっくりと下ろします
  3. 反対側の足も同様にかかとを上下させます

気付いたらこまめにやってみてください♪

マッサージ編

マッサージをすることで、リンパの流れが良くなりむくみやセルライトの原因となる老廃物の排出を高めます。

1日の終わりに取り入れてその日の疲れやむくみはその日のうちにリセットしましょう!

足首〜ふくらはぎのむくみ改善

  1. くるぶしの周りを親指と人差し指で挟むようにしてゴリゴリとほぐします
  2. 両手をグーにして、ふくらはぎを左右の両側から挟み、グーにした手の関節で足首からふくらはぎの真ん中までグッと押し上げます
  3. 痛気持ちいい強さで各5〜10回程度、反対側の足も同様に。

ひざに乗っかる脂肪を解消

ひざの周りも脂肪がつきやすく年齢が出やすい部分。 スッキリとした膝で足の印象アンチエイジングを 。

  1. 両手をグーにして指の第二関節で膝まわりのもたつきを流すようなイメージで内側、外側の両側をほぐします
  2. 下から上にも10回程度押し流す

太ももからそけい部へリンパを流す

  1. 両手をグーにして第二関節を使います
  2. 内ももを膝からそけいぶ部に流します
  3. 膝の内側だけでなく、太もも裏、外もももほぐしながら、そけい部まで流していきます

食事編

カリウムでむくみ予防

むくみは美脚の大敵!そんなむくみを改善してくれる栄養素が”カリウム”です。

そもそもむくみの原因となるのが塩分のとりすぎや水分不足です。
塩分をとりすぎるとナトリウムが増え、むくみを引き起こしますが、カリウムはナトリウムを排出してくれる効果があります。

カリウムを豊富に含む食べ物を積極的にとって、塩分を溜め込まない体に!

カリウムを豊富に含む食べ物の一例

  • ほうれん草
  • 納豆
  • さつまいも
  • アボカド
  • パセリ
  • ピーナッツ
  • バナナ
  • ピスタチオ

体が温まる食べ物

女性に多い冷え性。冷えは血の巡りを悪くし、代謝が落ちる原因になります。
するとむくみはもちろん、脂肪が燃えにくく蓄えやすい体質になってしまいます。

食べ物には体を冷やす食べ物と温める食べ物の2種類あるのをご存知でしたか?

一般的に寒い地域や冬に育つものや根菜など地面の中で育つ野菜は体を温めると言われています。

逆に暑い地域や夏場に育つものや、水分を多く含む食べ物、例えばきゅうりやスイカなどは体を冷やす効果が。

他にも白砂糖や白米も体を冷やすと言われているので、白砂糖が多く含まれる洋菓子や白ごはんは食べ過ぎ注意!

脚やせを目指す人は体を温める食べ物を積極的に摂って、燃焼効果を高めましょう!

体を温める食べ物の一例

  • 冬が旬の食べ物
  • 硬めで水分が少ないもの
  • 根菜類
  • 色の濃いもの
  • にんじん、大根、ゴボウ、ニンニク、生姜、りんご、鮭、納豆、海藻類

ビタミンB1で代謝アップ

甘いものや炭水化物が好きな人は気付かないうちに糖質をとりすぎているかも。
糖質をとりすぎると脂肪がつきやすく、余分な水分をため込んでむくみの原因になります。

ビタミンB1には糖質をエネルギーに変え代謝アップや、血行促進、むくみ改善の効果があります。
甘い物や炭水化物が好きという人はビタミンB1を含む食事を心がけましょう!

ちなみにビタミンB1は水溶性ビタミンなので体から排出されやすい傾向があります。
こまめに摂って不足しないようにするのがベストです!

ビタミンB1を豊富に含む食べ物の一例

  • 豚肉
  • うなぎ
  • 鶏レバー
  • ニンニク
  • 大豆
  • ごま

『美は1日にしてならず』

1日だけ頑張って激しい運動をしたり、極端に食事を抜いたりするとしんどいですしモチベーションが続かないですよね。
なにより1日やっただけではそこまで効果はありません。

そこまで気合を入れすぎずゆるーい気持ちで、でも毎日コツコツ継続が一番です!
運動、マッサージ、食事に気をつけることを少しずつ意識すると、いつの間にか習慣化していくはずです。

また自分なりの目標やご褒美を決めておくのもモチベーションアップになりますよ!
痩せたら欲しかった服を買う、食べたかったケーキを食べに行く!(食いしん坊w)など自分にニンジンをぶら下げて頑張りましょう!