あなたの毛穴はどのタイプ?

あなたの周りでもつるっときめ細かく毛穴が全然見えなくて、お人形さんのようなお肌の人っていませんか!?
一体どんなスキンケアをしているのでしょうか?

毛穴で悩んでいる女性は多く、肌悩みランキングでは常に上位にランクインするほど。

口コミサイトで毛穴に効くと人気だから買ってはみたものの、いまいちだったな〜なんて経験ありませんか?

その理由は、商品が悪いのではなく、あなたの毛穴悩みにあったケア方法やスキンケアじゃなかったことが原因かもしれません。

あなたの毛穴タイプはどのタイプですか?
毛穴タイプ別のケア方法をご紹介します。

毛穴のタイプを知ろう

ひとくちに毛穴が気になると言っても、毛穴が目立つ場所や、どんな状態かによって原因と対処法が変わってきます。

あなたの毛穴は次のどのタイプに当てはまりますか?

  • 黒ずみ毛穴
  • 開き毛穴(丸く開いた毛穴)
  • なみだ型毛穴
  • 詰まり毛穴

大まかに分けても毛穴には4つのタイプがあります。

それぞれのタイプで適したケア方法が異なるのと、
どれか一つではなく、いくつかの毛穴悩みが複合的に現れることもあるので、ケアが難しかったりします。

当てはまる毛穴タイプから、自分に合ったケアを取り入れてみてください。

 

黒ずみ毛穴

鼻の頭や小鼻、頬の毛穴が黒くポツポツと目立ってしまっている毛穴を言います。

黒ずみ毛穴の原因はズバリ皮脂の酸化です!
皮脂やメイクの油が時間が経つとともに酸化して黒くなり、毛穴に詰まっている状態です。

このタイプの毛穴でお悩みの人は、お肌がテカったり、脂っぽくなりやすい、ニキビができやすいといった肌状態の人が多いです。

もともと毛穴からの皮脂分泌が活発なので、皮脂が空気に触れて酸化しやすくなってしまうんですね。

黒ずみ毛穴のケア方法

皮脂が酸化してしまうと黒くなるので、酸化を防いであげることが重要です!
ですので、毎日のクレンジング、洗顔を見直して丁寧に皮脂や古い角質を落としましょう。
古い油がお肌に残らないようにしてあげてください。

そして、皮脂を落としたあとは、たっぷりの潤いで保湿することをお忘れなく!
お肌は乾燥を感じることで、皮脂を出して潤いを守ろうとします。
保湿をしないと余計ベタベタのお肌になってしまいますので、潤い補給は大切です!

美白ケアでさらに効果的

普段あまりベタつきは感じないけど、毛穴の黒ずみが気になる人もいると思います。

毛穴の黒ずみの原因としてもう一つ考えられるのが、毛穴周りのメラニンです。
こちらのパターンの場合、黒っぽいけどこげ茶のような、黒ずみともシミとも見えるような状態です。
メラニン毛穴などとも呼ばれます。

メラニン毛穴の原因は、紫外線の影響やお肌のターンオーバーのサイクルが乱れて、毛穴の周りにメラニン色素が沈着してしまうことによります。

メラニンとはシミの原因にもなる色素です。
皮脂の酸化とは違うので、あまりお肌にザラつきがなく乾燥肌の人にもみられます。

ケアとしては、メラニン色素を薄くしてくれる美白ケアがおすすめです。
ビタミンC誘導体やアルブチンが入っているスキンケアを使い、ターンオーバーのサイクルを整えてメラニンの排出を促してあげます。

 

開き毛穴(丸く開いた毛穴)

頬や鼻の頭の毛穴が丸く開き、目立ってしまう毛穴です。

開き毛穴はお肌の乾燥が原因で起こります。
お肌が乾燥すると、肌表面の細胞に潤いのハリがなくなりキメが乱れた状態になります。
潤ってハリがあれば目立たない毛穴も、乾燥でキメが乱れることで開いたように目立ってしまうのです。

開き毛穴のケア方法

丸く開いた毛穴のケアはたっぷりと保湿を行い、お肌を乾燥させないことです。
洗顔の時にはお肌の汚れも落ちますが、潤いを保ってくれているバランスも崩れてデリケートな状態になっています。

洗顔後はそのまま放置せず、お肌が必要としている水分・油分・保湿成分を与え潤いのバランスを整えてあげましょう。
潤いバランスの整ったお肌はバリアの機能もアップするので、時間が経っても乾きにくく、キメが整って美しく見えます。

 

なみだ型毛穴

頬の毛穴が縦に開いて目立っている毛穴です。
乾燥で丸く開く毛穴と違い、縦長でなみだ型のように開くのが特徴です。

自分が開き毛穴か、それともなみだ型毛穴なのかの見分け方をご紹介します。
是非やってみてください!

鏡を見ながら毛穴が気になる部分を指で優しく斜め上に引き上げます。
引き上げた時に、毛穴の目立ちが変わらない場合は、乾燥による開き毛穴です。
引き上げて毛穴が目立ちにくくなった場合は、なみだ型毛穴です。

なぜかというと、なみだ型毛穴の原因はお肌の奥でハリや弾力を与えてくれているコラーゲンが弱ってしまうことで、肌表面も下がり気味になってしまうからです。

私たちのお肌の細胞は、赤ちゃんの時は一番活発に細胞分裂を行い、どんどん元気で健康な新しい細胞が生まれます。
細胞が元気で、紫外線などのダメージも受けていないので、赤ちゃんのお肌はぷるぷるしていてとてもキレイなんです!

ところが年齢と共に細胞の働きは衰えていきます。
紫外線によるダメージやストレスは、細胞を傷つけ、お肌の生まれ変わりが滞ってきます。さらにはお肌の奥のコラーゲン線維にもダメージを与えてしなやかさを奪ってしまうのです。

しなやかさを失ってしまったコラーゲン線維は、土台としてうまくお肌の細胞や組織を支えることができなくなってきてしまうため、それがたるみやシワとしてお肌に現れます。

なみだ型毛穴のケア方法

なみだ型毛穴はエイジングのサインでもあるので、保湿はもちろんですが、より積極的に栄養を与えて細胞を活性化させ、お肌の生まれ変わりをサポートしてあげましょう。
美容液や美容クリームなどを取り入れてアクティブなケアを心がけます。

弱ったコラーゲン線維を修復してあげることも必要なので、コラーゲンの生成を高めてくれる働きのあるアイテムがおすすめです。

ビタミンAの仲間のレチノールという成分にはお肌にハリや弾力を与えてくれる効果があり、
お肌のターンオーバーも促進してくれます。

なみだ型毛穴のケアにはレチノールが含まれたスキンケアが効果的です。

 

詰まり毛穴

鼻の頭や小鼻に角栓が詰まり、白っぽくプツプツとなっている状態です。

皮脂やメイクの油に古くなった角質やホコリが混ざって毛穴を塞いでしまっています。
気になって触ったり刺激を与えたりすると雑菌が毛穴の中で繁殖し、ニキビの原因になるので注意してください。

詰まり毛穴のケア方法

汚れが肌に残らないよう、丁寧にクレンジングと洗顔を行います。
角栓ができやすい小鼻の部分は、くぼんだ形で汚れが残りやすいです。

クレンジングの時のポイントをご紹介します!
薬指の腹など力が入り過ぎない指でくるくると優しく円を描くようなイメージでクレンジングを肌に馴染ませて汚れを浮かします。

体が温まった方が毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるので、スチームを当てながらや、お風呂やシャワーで体を温めながら行うと効果的ですよ!

毛穴レスで肌印象がUP

お顔のパーツの中でも鼻や頬は中心に位置するので、人から見られやすい部分です。

そして、お顔の毛穴が集中するのも実は中心部分なのです!
毛穴レスなお肌で印象をアップさせましょう!

メイクの持ちも良くなりますよ!